結婚をしたので、この機会に、それまで乗っていた

結婚をしたので、この機会に、それまで乗っていた

結婚をしたので、この機会に、それまで乗っていた軽自動車を売って、代わりに大型車へと買い換えました。

どうせ軽自動車なんて売っても、たいしたお金にはならないだろうと思っていたのですが、査定に出してみると驚きました。想像していたよりも大分買取価格が良かったのです。買取業者によれば、軽自動車は結構人気があるそうで、良い値段で買い取ってくれるのだそうです。

中古車屋の査定というのは、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、減点、ないし加点をして最適な査定額が提示できるようにしています。減点評価が免れないものは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、逆に減点の度合いが大きくなってしまう状況にもなり得ます。

身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、インターネットサイトで車を査定できるものは無数に存在しているものです。

もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことにはなんとも言えないところはありますが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を実際に車を売る店から除外することが可能です。

原則的に、車査定において持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと取れませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがお分かりになるでしょう。

二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度のことなのです。

中古車買取業者に査定依頼を頼んだとして、額が決まるとします。

本来なら、その額で買い取ってもらいますが、後になって故障や傷が発見される場合もありますよね。

そんな場合には、あらかじめ決定していたはずの査定額の変更を余儀なくされる可能性がありえます。

売却予定の中古車の査定額を決める場合に、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定金額は低下していくのです。

距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

総走行距離が10万キロを越えた場合には一般に過走行車といわれ、査定金額がつかない場合も多いです。

買取業者の査定を受ける場合、リサイクル料とか自動車税の残月分を含む形で査定価格が出されているのかを忘れずに確認しておくことが重要です。

また、他に注意すべき点としては、後から返金請求の可能性がないか、確認する必要があります。

場合によっては、少しでも買取金額を低く抑えようと、こじつけの減点ポイントを後から出してきて返金を迫ってくる業者もあるほどです。もし売却予定の車のホイールが他メーカー製であれば、実車査定を受ける前に純正品に戻すほうが良さそうです。

中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていはメーカー純正品だと万人受けするという意味で高い査定をつけてもらえます。きれいな状態を保つためにできるだけ倉庫やひさしのある屋外で保管すると良いでしょう。程度の良い別メーカー製ホイールはフリマアプリなどで高値売却できる例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

車査定に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」というのがよくあります。実際、夫名義(妻)、親名義(子)、兄名義(弟)などは多いですからね。

名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、きちんとした手続きを踏む必要があります。

それには名義人の印鑑証明書とその車を譲ったことがわかる譲渡証明書と売却委任状(どちらも実印の押印が必要)があれば代理人の方でも売却できます。

ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は売却することはできませんので、借入金を完済して名義を変更する必要があります。車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。

あえて必要な経費といえば、車の名義変更手数料でしょう。

もし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。名義変更代行の手数料については、あとで振り込まれる売買代金から差し引かれることもありますし、契約書を交わしたあとに営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。

そのほか、細かいことですが、売主側のほうで印鑑証明と住民票をそろえる必要がありますから、印紙代として数百円ほど必要になります。